2008年01月05日

大災害時の債券仲介

デリバティブ(金融派商品)の仕組みを応用して、台風や地震などの自然災害が発生した際に、被害を受けた企業に一定金額が支払われる金融庁品の仲介サービスに参集すると発表しています。
その第一弾として、JR東日本とドイツのミュンヘン再保険会社が首都圏で自信が起きた場合に発行する債券についての契約を仲介しました。
posted by 野村證券 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。